忍者ブログ
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 戦争のことを、いかに現実感をもって伝えるかがカギだ。

 「病気の子供に薬をあげるだけでは戦争は終わりません」

 非政府組織(NGO)「日本国際ボランティアセンター」(JVC)の下田寛典さん(26)が11日、東京都台東区の事務所で語った相手は、修学旅行で訪れた福島県会津若松市立一箕(いっき)中学校の3年生5人だった。スクリーンには、白血病の治療を受けるイラクの子供の写真が映し出されていた。

 白血病は、米軍の劣化ウラン弾との因果関係が疑われている。難民や自然災害被災者の緊急支援が担当の下田さんは、JVCがイラクに国外の支援者を通して、抗がん剤などを提供していることを説明。紛争を起こさない社会の大切さを強調して、1時間半に及ぶ話を締めくくった。

 米同時テロの時、5人はまだ小学生だった。「テロのテレビ映像を見たのが、平和について考えるきっかけでした」と喜多見真衣さん(14)。将来は国際活動にかかわりたいと話す。

 同中の修学旅行はグループごとに訪問場所を考える。5人がJVCを選んだのは、紛争やテロに関心があったからだ。この後の行き先は東京ディズニーランド。JVCは「ほんのひとコマでも、楽しい思い出と一緒に、学んだことを心にとどめてほしい」と願う。

通信講座 ユーキャン

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索